The global award in photography and sustainability

「Prix Pictet」写真展入場者数

「Prix Pictet」写真展入場者数

「Prix Pictet:consumption – 消費」展がメキシコシティー、国立美術館では開催されていますが、初日には、過去半年の世界巡回展の入場者数が累計10万人を突破したことが報道されました。

「Prix Pictet:「消費」展は、ロンドンのビクトリア・アンド・アルバート・ミュージアムで幕を開け、短い会期中に17.990人の入場者を集めた後、次の開催地となったバルセロナのパラウ・ロベール美術館では、35,767人の入場者を記録しました。

また、Rencontres d’Arles(アルル美術展)では、過去5人の「Prix Pictet」受賞者の作品を、初めて一堂に集めた回顧展を開催し、35,773人が入場しました。2014年秋以降は、テサロニケ(Noeisis)、トリノ(Fondazione sandretto Re Rebaudengo、招待者8,370人)、チューリッヒ(Westban Aurich、招待者1,500人)、ルクセンブルグ(Ratskeller、招待者1,872人)、ミュンヘン(Bernheimer Fine Art Photography)の各都市で巡回展が開催されました。

2015年には、ドバイのイースト・ウィング、ブリュッセルの現代美術館で開催の予定です。その他の開催地は、ウェブサイトに掲載されます。