The global award in photography and sustainability

Exhibitions & Events

Archive

コンサンプション – 消費」 -  Bernheimer Fine Art Photography 、ミュンヘン

コンサンプション – 消費」 -  Bernheimer Fine Art Photography 、ミュンヘン

2014年11月20日-12月2日

Prix Pictet の「コンサンプション」は、ミュンヘンのBernheimer Fine Art Photographyにて展示されます。2014年11月20日より12月2日まで開催されます。 このエキシヴィションでは、Prix Pictet の第5回目のテーマ、「コンサンプション – 消費」のショートリストに残った写真家の作品が展示されます。  

第6回Prix Pictet テーマ発表

第6回Prix Pictet テーマ発表

2014年11月12日

2014年11月12日、第6回目のPrix PictetのテーマがMusée d’Art Moderne de la Ville de Paris.において行われるスペシャルイベントにて発表となります。 ショートリストに選ばれた作品のファイナリスト・エキシヴィジョンは、Musée d’Art Moderne de la Ville de Parisで2015年冬にご覧いただけます。このエキシヴィションの後、世界各国にて展示会を行います。

「コンサンプション – 消費」 Westbau、チューリッヒ

「コンサンプション – 消費」 Westbau、チューリッヒ

2014年9月26日-10月25日

Prix Pictet の「コンサンプション – 消費」は、チューリッヒのLöwenbräu Areal Complexを訪れました。 このエキシヴィションでは、Prix Pictet の第5回目のテーマ、「コンサンプション – 消費」のショートリストに残った写真家の作品が展示されます。  

Newsha Tavakolian: フォトグラフィーをめぐるPrix Pictet談話、ホワイトチャペル・ギャラリー、ロンドン

Newsha Tavakolian: フォトグラフィーをめぐるPrix Pictet談話、ホワイトチャペル・ギャラリー、ロンドン

2014年7月19日

午後3時から5時まで Zilkha講堂にて テヘランの数少ない女性フォトジャーナリストの一人として、女性描写に対する興味を持つイラン出身のアーティスト兼フォトグラファーであるNewsha Tavakolianは自身の近作について語ります。 Newsha Tavakolianは、2002年の16歳の時にプロフェッショナルとして働き始めました。Polaris Imagesに勤務し、地域紛争や自然災害を取材すると同時に、イラク、レバノン、シリア、サウジアラビア、パキスタン、イエメンにおいての社会的ドキュメンタリーも作成しました。彼女の記事はTime magazine、The New York Times、 Der Spiegelや Le Mondeといった様々な国際的な雑誌や新聞に掲載されてきました。 2009年には、イランの大統領選挙を取材し、そのためにフォトジャーナリストとしての仕事は一時休止することになり、自宅でコンセプチュアルフォトグラフィーのプロジェクトに専念しました。彼女は、Somerset Houseで絶賛開催中の Burnt Generationエキシヴィションで注目されている8人のイラン出身フォトグラファーの内の一人です。彼女の作品は、Los Angeles County Museum of Art、Boston’s Museum of Fine Art、Victoria & Albert Museumやロンドンの British Museumといった国際的舞台で展示されてきました。彼女はQatar Foundation(カタール財団法人)の依頼で3か月間世界中を旅し、2014年に出版される教育と技術に関しての本の画像を担当しました。 入場料は£8.50/£6.50(ホワイトチャペル・ギャラリー会員は£6.80/ホワイトチャペル・ギャラリー・コンセッション会員は£5.20)。 ※入場の際に入場券および会員証をご提示ください。  

イブニング・スクリーニング、Théâtre Antique, Les Rencontres d’Arles

イブニング・スクリーニング、Théâtre Antique, Les Rencontres d’Arles

2014年10月7日

7月10日(木)にThéâtre Antiqueにおいて、「コンサンプション」にショートリストされた作品を特集したイブニング・スクリーニングが行われます。このスクリーニングは、悲しいことに受賞から3日目に亡くなられた5人目の受賞者Michael Schmidtを追悼するものです。第5回目のPrix Pictet「コミッション」の受賞者もこのスクリーニングで発表される予定です。

Prix Pictet 回顧展 -  Magasin Électrique, Parc des Ateliers, Les Rencontres d’Arles

Prix Pictet 回顧展 -  Magasin Électrique, Parc des Ateliers, Les Rencontres d’Arles

2014年7月7日

Les Rencontres d’Arles 2014においてPrix Pictetを受賞した最初の3人Benoit Aquin、Nadav Kander、Mitch Epsteinの新作および4人目のLuc Delahayeの受賞経験のあるポートフォリオから選び抜かれた作品を展示する回顧展が開催されました。Aquin、KanderそしてEpsteinはPrix Pictet受賞以降、サステナビリティの問題を世に問いかけ続けていく作品を作成しており、今回発表する予定です。 それに加え、Théâtre Antiqueにおいてイブニング・スクリーニングが行われる予定です。詳細はこちらをクリック。

rix Pictetデジタル・キッズ、The Clore Centre: Room 55, Victoria and Albert Museum, ロンドン

rix Pictetデジタル・キッズ、The Clore Centre: Room 55, Victoria and Albert Museum, ロンドン

2014年6月7日-6月15日

ファミリーイベント:Prix Pictet 「コンサンプション」展示会に触発されたユニークな作品をV&Aチームと一緒に創りましょう。 展示会のアーティストとテーマを研究し、さまざまな写真技術を使って自分だけのマスターピースを持って帰りましょう。 デジタルカメラ、iPadやスキャナーを使って、アーティスト達がどのように作品を作り上げるか、そして賞の環境テーマにどのように取り組んだかを学びましょう。親切なファシリテーターがお手伝いします。 午前11時 – 午後4時 6月7日(土) 6月8日(日) 6月14日(土) 6月15日(日)  

;